95歳 別所俊子のこと
すげ太郎の看板娘。95歳の母は、今日も…笑顔です。

外反母趾の鼻緒の調整

お着物をお召しになってる方の多くが、外反母趾のようです。私が拝見した方の6〜7割の方が変形しておられました。

私の推測ですが、お着物をお召しになる方の多くは、おしゃれな方が多く、お若いときにヒールなどで足を痛めつけてしまった結果なのではないかと思っています。

私の足も、軽度な外反母趾であり、鼻緒の調節次第では、中足骨が痛くなることがあります。

昨日、右の中足骨に違和感を感じたのですが、今日の歩きでも違和感があり、歩きはじめで痛みを感じました。すぐに、鼻緒を調節してみましたが、改良されませんでした。

そこで、足を浅く入れて、基節骨の部分でおさえるようにすると、痛みが無くなりました。下駄や草履は、ズッポリ足を入れるのではなく、軽く入れて歩く…という、先達の教えが現代にも生きているのか…と思ったりしました。

そのことより、外反母趾の方の鼻緒の調節は、先ツボをユルメにして、後ツボでしっかりさせるという方法をとっていましたが、単純に決められないことを感じました。

もう少し慎重に、中足骨の形状に合わせた鼻緒のすげと調節が必要なようです。

また、もっと難しくなってしまったようです。

posted at 16:56:55 on 01/27/10 by kennon1289 - Category: Main

コメントを追加

:

:

コメント

No comments yet